書籍

【葬送のフリーレン】ヒンメルの勇者の剣は偽物?勇者の剣を引き抜けなかった理由

葬送のフリーレン ヒンメルの勇者の剣は偽物?勇者の剣を引き抜けなかった理由

ヒンメルが持っている勇者の剣は偽物なの?

本物の勇者の剣はなぜ抜けないの?

今回はこのような疑問を持っている方に向けて、

・勇者の剣とは?
・ヒンメルの勇者の剣は偽物?
・偽物の勇者の剣を作った人物
・本物の勇者の剣が抜けない理由

について詳しくご紹介します!

本物の勇者の剣に関しては、今後の物語の展開にも繋がってきそうなので、みなさんも一緒に考えていただけると嬉しいです!

※第117話までの内容が登場しますので、ネタバレが気になる方はご注意ください。

勇者の剣とは?

女神様が授けた

聖典に登場する天地創造の女神様が授けた剣、それが「勇者の剣」です。

勇者の剣は剣の里の近くの聖域に刺さっており、この世界を滅ぼす大いなる災いを撃ち払う勇者のみ、剣を引き抜くことができると言い伝えられています。

現在も剣は引き抜かれていない

歴史上のどんな英雄達が引き抜こうとしても微動だにしなかった剣は、表向きは「80年前にヒンメルが引き抜いた」ということになっています。

ですが実際はヒンメルさえも剣を抜くことができず、現在も聖域に刺さったまま結界に守られています。

後世の人々が「魔王を倒した英雄」を美化するために、ヒンメルが勇者の剣を抜けなかったという事実を隠し続けているようです。

勇者の剣とヒンメル

ヒンメルが持つ勇者の剣は偽物

ヒンメルが持っている勇者の剣は偽物(レプリカ)で、ヒンメルが幼い頃、村を訪れた行商人から、魔物退治のお礼として貰ったものです。

ヒンメルは子供の頃から人助けをしており、自分の体より大きい魔物をナイフ1本で倒していました。

本物の勇者の剣は抜けなかった

魔王を倒す旅の途中、勇者一行も剣の里を訪れましたが、ヒンメルは勇者の剣を引き抜くことはできませんでした。

ですがここで折れないのがヒンメルの格好良いところ。

例え偽物の勇者だとしても魔王を倒すと宣言し、実際に魔王討伐を成し遂げることで本物の勇者となったのです。

いいじゃないか、偽物の勇者で。

僕は魔王を倒して世界の平和を取り戻す。

そうすれば偽物だろうが本物だろうが関係ない。

『葬送のフリーレン』第3巻157ページ

ヒンメルは意志を貫くことで”偽物”から”本物”になったんだね

勇者の剣のレプリカを作った人物

第114話にて、ヒンメルの持っている勇者の剣のレプリカを作ったドワーフのキーゼルと勇者一行が出会います。

キーゼルは鍛冶屋を始めたばかりの頃、帝都の商人から依頼を受けて、勇者の剣のレプリカを作成していました。

どこかの物好きな人の収集品として眠るはずだった勇者の剣のレプリカは、流れに流れてヒンメルの手に渡り、魔王を倒す剣となりました。

この剣はもう僕の相棒だ。

魔王の討たれた平和な世界まで連れて行く。

『葬送のフリーレン』第114話16ページ

ヒンメルは最期の時まで勇者の剣を大切にしていたよね

勇者の剣が抜けない理由

勇者に剣がいまだに引き抜けない理由は、世界を滅ぼすほどの災いがまだ起こっていないからだと私は考えています。

大いなる災い」が一体なんなのかは不明ですが、やはり魔族達と関係があるのではないかと思います。

というのも、千年後の未来まで見通す魔法を操る全知のシュラハトや、無名の大魔族ソリテールが、過去に意味深な発言をしているんですよね…。

1000年後の魔族

これは魔族の存亡を懸けた戦いであり、敗戦処理であり、千年後の魔族のための戦いだ。

『葬送のフリーレン』第10巻32ページ

それだけで千年後の魔族の繁栄まで、シュラハトの遺志が導いてくれる。

『葬送のフリーレン』第117話3ページ

これらの発言、まるで1000年後は魔族が世界を支配しているかのような口ぶりですよね。

加えてシュラハトが「魔族vs南の勇者の戦いの記憶を、フリーレンに見せる訳にはいかない」と言っているのも引っ掛かります。

女神様と戦う…?

天地創造の女神。
こんな化け物まで魔族は相手にしなければならないのね。

『葬送のフリーレン』第116話17ページ

勇者一行が魔王を倒す旅をしていた頃、どうやら魔族達は天地創造の女神様と戦おうとしていた様子。

何が目的なのかわかりませんが、大いなる災いに繋がってきそうな気が…。

このような意味深発言を踏まえると、女神様が「勇者の剣」や「聖典」を地上に授けたことは、大いなる災いに関係しているように思えます。

深く考えすぎかな…?(笑)

世界を滅ぼす大いなる災い」が訪れる時、一体誰が勇者の剣を引き抜くのか…。

今後の展開が楽しみすぎますね!

まとめ

今回は『葬送のフリーレン』に登場する「勇者の剣」についてご紹介しました。

本物の勇者の剣は未だ眠ったままですが、世界を滅ぼす大いなる災いが訪れる時、剣を引き抜けるのはヒンメルであって欲しい…そんな風に思ってしまいますね。

そして現在原作ではタイムスリップ編がスタート!

黄金郷のマハト編に続く激熱展開の数々に、読者は大盛り上がりしています(笑)

まだ原作を読んでいない方は、この機会にぜひチェックしてみてくださいね〜!

タイムスリップ編は11巻から始まるよ!

⬇︎葬送のフリーレン原作者が描く⬇︎
『もうひとつの後日譚』

『葬送のフリーレン』を
お得に購入したい方へ

ebookjapanは毎週金土日、
PayPayポイントが
最大30%戻ってくるので
マンガ好きな方から選ばれています!

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

読みたいマンガを必ずお得に購入して
充実したマンガライフをお楽しみください!

今なら70%OFFクーポン×6枚をもらえる

➡︎クーポンGETはこちらから!
(クリックで公式サイトへジャンプします)

70%OFFクーポンは有効期限があるので
6枚まとめて使うのがオススメです

葬送のフリーレンもクーポンでお得に

定価➡︎クーポン利用
1巻583円➡︎175円
6巻3,498円➡︎1,050円(オススメ)
13巻7,634円➡︎4,634円

欲しいマンガを絶対安く買えるから、私も何年も愛用しているよ〜!

お得にマンガを購入して、
沢山の面白い作品と出会ってみてくださいね!

➡︎クーポンGETはこちらから!
(クリックで公式サイトへジャンプします)

⬇︎おすすめ記事⬇︎

人気記事